COLOR PRESS ☆杉並☆ いつでも輝いていたい女性のためのカラーコーディネート提案と手作りアクセサリーのブログ

女磨きを始めましょう♪遅すぎることはありません!!おしゃれは生きる力です。あなたを輝かせてくれるカラーを纏い一歩を踏み出しましょう♪

≫ EDIT

仏大統領 エマニュエル・マクロン現象 大統領選からキメていたブルーが流行の記事

史上最年少の大統領マクロン氏。
ニュースで話題になっていますが、マクロン夫妻のファッションカラーも話題になっている模様です。


カラーリスト/accessories kocoloの石井いつ子です。


史上最年少の39歳。
これもビックリですが、奥様が25歳年上にもびっくり!


でも、今日はその話題ではなく

マクロン現象でブルーが流行という記事(「ヴァニティ・フェア5月号」より繊研新聞記事)
  アガート
 アルドアーズ
 ブルー アンディゴ ソンブル

何色か見てみました。
写真を見るといわゆる紺が多そうですが。

確かにブルー系が非常に多いです。

フランスでは、出世の縁起担ぎのように
政界からビジネスマンに流行し始めたとあります。

ブルーは、「誠実」「信頼」「堅実」「冷静」などの意味を持った色です。
ブルーの効果を存分に発揮したのですね、きっと。

日本には「藍」 ジャパンブルーがあります。

ここ一番の勝負という時は、あやかってブルー(紺)で臨んではいかがでしょうかね^^

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| カラーにまつわるお話 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バブル時代ファッションが復活!?若者には新鮮に♪

本当に若者に人気なのでしょうか!?

5c76d6a52452d619c099c280c9ff705e_s.jpg


カラーリスト/accessories kocoloの石井いつ子です。


ボディコン

昔懐かしい“ボディコン(ボディ・コンシャス)”
体のラインを意識したスタイルですが、80年代が注目されている今、
フジTVでも取り上げていましたね。
http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20170516002.html


懐かしいの一言なのですが、私はお立ち台には立っておりません^^;
しかし、肩パットの入ったスーツは、ほぼ毎日着ておりました。
当時は、スーツが多く全て肩パット入りが常識。


2017-18-5--12-16-46.jpeg
左側2枚は、およそ30年前。右の写真は20年前です。
肩パット入りで、下の写真などはメンズライクな大きめジャケット。
友だちのジャケットもデカいですね~(笑)

右の写真は、ややケバイな(恥ずかしいです!失礼しました)。
ソバージュに近い髪型です。


バブルファッションの復活の兆しと言っても、
イラストのようなピッチピチな超ミニのドレスではなく、


〇ケミカルウォッシュ(Gジャン着ている子見かけますね)
yjimageCGZ72S9A.jpg

〇MA-1風ブルゾン
映画『トップガン』良かったですね~。
ブルゾンといえば、“スカジャン”も流行りましたね。
“ブルゾンちえみ”も忘れてはならない(笑)

〇肩パット入りスーツ・ジャケット

img20170518_12384721.jpg
2017-2018秋冬でもマスキュリンが復活とあり、やはりビックシルエット、肩パットあり。
フジTVの特集でも、お母さんの肩パット入りジャケットをお嬢さんが着ていましたが、似合っていましたね。
ミニのマイクロパンツと合わせて、髪型はショートカットなので、
ボーイッシュな雰囲気のかわいらしさがあって私から見ても新鮮でした。

〇エルメス風スカーフ
古着やさんで、スカーフ柄のブラウスがあるのですが、
値札に“バブル”と書いてあったので驚きです^^

スカーフ柄は、デザインは違えどブラウスやスカートなど出ていますね。
ヘアバンドなどアクセサリーも。


それから忘れてならないのは、これ!


〇カントリースタイル「ピンクハウス」
DSC_0475.jpg
今でも、たま~に見かけます。本当にたまに。
懐かしいパンフレット。

〇カラス族
カラス族
私も結構カラス族でした。なり切れないカラスかな。
このジャンルは、デザイナー系・クリエーター系ですね。


若者の中で、バブル時代のファッションは新鮮なのでしょうね。
今のファッションに比べたら破天荒、お金の匂いプンプン^^
老舗ブランドも全盛の時代。

元気があってパワフルで、浮かれた時代。
この時代を経験できて本当に良かった!

「浮世」という言葉がありますが、
もともと「憂い(つらい,苦しいという意)」からきたようで、
徳川が覇権を握ったときの
まだまだ不安定な情勢を乗りきるという考えから生まれた言葉。

つらい、大変な時だからこそ面白可笑しく生きようじゃないか!
という現世享楽主義になっていったのではと言われています。

ちっともつらくなかったバブル期、あの浮かれようは江戸の浮世と一緒なんでしょうか。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村


| ファッション | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江戸の色彩~四十八茶百鼠は有名。でも忘れてはいけない江戸の極彩色

日本の伝統色

古来から受け継がれる美しい色が沢山ありますね。
伝統色の講座をする機会があり、江戸の色彩にどっぷりハマっています。
c95776c2bdbe127b1e1ee7cf2ef561b7_s.jpg


カラーリスト/accessories kocoloの石井いつ子です。



江戸中期から後期にかけて、「四十八茶百鼠」という
茶色と鼠色の数多くのバリエーションが流行色となりましたが、
(実際、48色の茶と100色のグレーがあったわけではないそうです)
江戸前期では、「極彩色」の華やかな時代もあったことを忘れてはなりません。

江戸が、花のお江戸という大都市になっていくにつれ、
町人文化が花開き、
極彩色の絢爛のなか、徐々に課せられた質素倹約・・・。
でも、それを逆手に江戸の人たちはたくましいなと感心せられます。

「粋でいなせ」な江戸っ子魂!!
注;私は江戸っ子ではありませんが。


江戸の変遷が良く分かる一冊です。
城 一夫薯
大江戸の色彩
bookfan_bk-4861525985.jpg


写真や年表、江戸の伝統色も前期・中期・後期ごとにわかれ、
色名・色票値・色見本もついています。
絵画から見る色彩や服飾から見る色彩など、引き込まれますね。

260年あまり続いた江戸の色彩、今後も要チェックです。

お読みいただきありごうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

| カラーにまつわるお話 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ラウンドマーブル」イヤリング」と「ヨセモノビジュー」ピアス&イヤリング

途中だったマーブル模様のイヤリング完成しました!

そして、ビジューアクセサリーも^^


カラーリスト/accessories koscoloの石井いつ子です。

放置していたマーブル模様のイヤリング出来ました。
もちろん、ピアスでも作れます。


【ラウンドマーブルイヤリング】

㊧ピンクマーブル \950   ㊥バイオレットマーブル \950 ㊨グリーンマーブル \1,200
2017-02-5--12-27-07.jpeg
※ピアスの場合は、プラス\100になります。


マーブル模様は、一つとして同じものはないから1点ものですね^^


ヨセモノ【ビジューピアス&イヤリング】
※各商品、スワロフスキーを使用しています。

上段 ㊧パープル(イヤリング) \1,450 ㊥ピンク(ピアス) \1,000 ㊨グリーン(ピアス) \1,000
下段 ㊧ビジューピンク(イヤリング) ㊨ビジュークリア(イヤリング) 各1,900
2017-ビジューピアス イヤリング

ビジュークリアには、パールをつけて華やかさをプラスしています。
2017-02-5--13-16-45.jpeg

㊧参考商品    ㊨ヨセビジュー&スクエアピアス \1,000
2017-02-5--12-14-32.jpeg
ちょっと写真が暗いですね。

全て、税込のお値段です。

今月、カッツ・ロイファーさんに納品する予定です。
現在、ネットでの販売はしておりませんが、今後徐々に進めていく予定です。
(と言いつつ、なかなか踏み切れず・・(;_;) )

カッツ・ロイファーさんにお立ち寄りの際は、是非ご覧になって下さいね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村







| アクセサリー・小物 | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

短時間でパーソナルカラータイプの診断結果を得るには?

パーソナルカラー講座や、カラーワークショップなど
これまで沢山参加し経験もしてきました。

フルでコンサティングする需要が減ってきた今、

短時間で似合う色診断+コーディネート提案
スカーフの巻き方♪
似合う色でアクセサリー作り
+骨格診断(私はやりませんが)は当たり前


プラスαが当たり前。

というより、そのプラスαがみんな知りたいところ

ならば、診断にあまり時間はかけられず、しかし疎かにできない!


パーソナルカラー診断において「色素」はとても重要で
最近では講座で行う色素チェックには、30分とることが多いです。
簡易チェックといっても、明るさの判断や色の判断は
初心者であれば分かりにくいもの。


☆短時間で、納得のいく診断結果を得るには☆

①肌・髪・眼の色素をしっかりみよう!

プロであれば瞬時にどんなタイプか予想がつきます。
しかし、迷うところもあるはず。
ましてやお客様には、ご自身で確認し理解してもらわないといけません。

②ドレーピングでは、三属性の特徴でみよう!

大抵、何色が似合う?とか、どのシーズンタイプかと先走ってしまいがち。
三属性の特徴で・・・・私が習ってきたやり方です。理にかなってます!

③色素チェックの予想とドレーピングでの見え方の確認

なぜ似合っているのか、全て色素に繋がってきます。
○○だから、YベースよりBベースのほうが似合う・・。
根拠が必要です!

パーソナルカラータイプのトップとセカンドが見えてきます。
よほど難しい色素の人ではない限り、充分納得の結果になると思います。

簡易パーソナルカラー診断承っております♪
パーソナルカラー診断
↑こちらをクリックしてくださいね♪

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村



| パーソナルカラー診断 | 16:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT