FC2ブログ

COLOR PRESS ☆杉並☆ ~魅惑のカラーで輝こう!!~

おしゃれは生きる力です。いつまでも自分らしくキレイをつくる色使いやカラーコーディネートの提案や講座のご案内をしています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パーソナルカラー検定に合格!でも活字だけでは芯から理解出来ない・・パーソナルカラー体験のススメ

bcad1168931b98795e21d9c536940f83_s.jpg


6月まで行かせていただいた学校の学生が
パーソナルカラー検定2級に
16名中13名合格しました!!

先日聞いて、本当に嬉しかったです。
残念ながら3名は落ちてしまいましたが、
でもみんな頑張りましたね^^

おめでとうございます!!

私自身とても勉強になった授業でした!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


カラーリスト/アクセサリー作家の石井いつ子です。


パーソナルカラーにも色の基本があり、
カラーに多少携わったことのある方なら理解するのは早いかもしれません。

しかし、色の見え方や肌映り、その人の色素がどのように影響するのかは
実際のドレーピングを見ない事には理解するのが難しいかと思います。


例えば、
繊細な肌でソフトな眼をした人の場合は、色素の特徴で「明るい」「穏やか」などの予想はつきます。
「明るい」ならSU、SPに当てはまり、その上「穏やか」なら「SU」が濃厚という予想もできます。

しかし、SUのドレープを当てた時、AUのドレープを当てた時、WIのドレープを当てた時などの見え方は、テキストに書いてあってもなかなか実感して理解できるものでもありません。

暗い色で肌に影が入ったり、鮮やかな色で反射し、頬から顎にかけて鮮やかなピンクが映って見えたりする場合があります。
言葉で言われてもピンとこないんですね。ふ~んって聞いている場合も多いので実感しないとそうそう♪と共感できない。


実際のドレーピングで体験すれば、色の見えにも自然と理解が深まってくる。

独学で勉強される方は多いです。
パーソナルカラーは、そういうものなんだと理解すれば合格は出来ると思います。
学生たちもドレーピングをし、しかも自分たちで診断やアシスタントもしたのでより理解しやすかったのでしょう。
他の子のドレーピングも見ながら、色の見えについてディスカッションしたので、今回のやり方はすごく良かったと思います。

色の見え・肌映りは活字では理解が難しい。実際に自身の眼で見る・確認することが大切です。


今冬、受験する方、実際にご自身の眼で確かめることをおススメします。
受験しなくても、診断をご希望の方は是非ご連絡下さい。

パーソナルカラーメニューはこちら↓
http://ikko2010color.blog135.fc2.com/blog-entry-304.html

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| パーソナルカラー診断 | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikko2010color.blog135.fc2.com/tb.php/391-fa3f1723

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT