FC2ブログ

COLOR PRESS ☆杉並☆ ~魅惑のカラーで輝こう!!~

おしゃれは生きる力です。いつまでも自分らしくキレイをつくる色使いやカラーコーディネートの提案や講座のご案内をしています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「赤」の誘惑 色が人に与える心理的効果

色の心理的効果を知って
日常の生活に役立てようという主旨で
今度セミナーを担当します。

カラーリスト/アクセサリー制作の石井いつ子です。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

資料を作ったり
教材を作成するにあたり
日常の出来事や見たことに沿って
色の効果についてまとめてみる事にしました。

まず、今気になっているのは「赤」
2018-20-05-19-06-26.jpeg

ファッションにおいても「赤」
は、さし色として結構出ていますね。

先日あるファッションビルで「赤」
ロングワンピースに目が留まりました。

30557cb0d80668dedd992d33a8177e0d_s.jpg
※参考資料

見たワンピースはスイカのような赤。

「赤」、情熱・愛情・活動・歓喜・興奮
などのイメージワードがあげられますね。

色の効果には、必ずプラスの面とマイナスの面があります。


「赤」のプラス面

ここぞという時に赤をみて気持ちをアップさせる
大事なプレゼンなど成功させるキーは、赤のネクタイで臨むと
士気があがります。
やる気を引き出してくれます。
暖色系である「赤」は、寒色系に比べ
感じる温度差が3℃もあります。
冷え性の女性には、赤の下着などおススメですね!

「赤」のマイナス面

気持ちが熱くなりすぎて、感情的になりすぎることがあります。
赤は生理的反応としてアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンが多く出ると、血圧上昇にもつながるので、注意が必要です。

「赤」刺激的なカラーという観点から魅惑的なカラーでもあります。

タイミング、分量を考えて上手に使いたいですね!

先日亡くなられた西城秀樹さんも、「赤」が好きだったとのこと。
全身赤の服を着せてあげたそうです。

情熱的な西城秀樹さんにぴったりですね。
何を隠そう、私も秀樹ファンでした。
また一つ、時代が終わった気がします。

ご冥福をお祈りいたします。


お読みいただきありがとうございます。
次回はピンクにいきたいと思います。
にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

| カラーにまつわるお話 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikko2010color.blog135.fc2.com/tb.php/416-98dda547

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT